1. TOP
  2. 育児
  3. ソニー生命の学資保険はなぜ人気?ママたちが選ぶ7つのポイント!

ソニー生命の学資保険はなぜ人気?ママたちが選ぶ7つのポイント!

育児
 

数ある学資保険の中でも多くの方たちに選ばれ、契約数144万件を超えるソニー生命の学資保険。今回は、ソニー生命の学資保険の特徴について詳しく解説し、選ばれる理由と、実際に選んだ方たちの口コミも一緒に紹介します。

ソニー生命の学資保険はなぜ選ばれるのか?

2016年に一般のママたちの投票により選出される「マザーズセレクション大賞」を受賞し、顧客ロイヤリティを測る調査でも、2017年にソニー生命は業界1位を取得しています。
数ある学資保険の中でも、返戻率へんれいりつの高さやプランの豊富さなどを筆頭に、プロからの評価も高いソニー生命の学資保険。
次からは、ソニー生命の学資保険が人気の理由を、プランの詳細も含めて詳しく紹介します。

※マザーズセレクション大賞:日本の子育て支援・母親支援の一環として、子育て期のママ達が愛用している<モノ>や、ママたちの応援となる<コト>の中で(便利な)(元気になる)(癒される)(子育てに役立った)など、一般のママたちからの応募(投票)の得票結果で選出し表彰するアワードです。

トップレベルの返戻率で貯蓄性に優れている

ソニー生命の学資保険の人気が高い理由のひとつは、その返戻率の高さ
確実に必要な学資金を準備できるように、医療保障などを省いてできるだけシンプルな保障内容にすることで、トップレベルの返戻率を実現しています。
返戻率とは、支払う保険料の総額に対して満期保険金や学資金、祝金いわいきんを含めた総額がどれぐらいかを、数値(受取金総額÷支払保険料×100)で表したものです。
返戻率が100%を超えると受取金が支払保険料より多く、反対に100%を下回ると、元本割れとなります。
ここで、ソニー生命を含めた人気の高い学資保険4社の返戻率を比較してみましょう。

JA共済 こども共済「学資応援隊」
  返戻率104.7%

保険料払込期間 18年(0歳~18歳)
払込保険料総額 286万3,296円
(年払い保険料15万9,072円)
受取学資金総額 300万円

 
明治安田生命 つみたて学資
  返戻率104.8%

保険料払込期間 10年(0歳~10歳)
払込保険料総額 190万8,396円
(月払い保険料1万5,899円)
受取学資金総額 200万円

 
フコク生命 みらいのつばさ(ジャンプ型)
  返戻率105.5%

保険料払込期間 11年(0歳~11歳)
払込保険料総額 189万4,728円
(月払い保険料1万4,354円)
受取学資金総額 200万円

 
ソニー生命 学資金準備スクエア
  返戻率107.2%

保険料払込期間 10年(0歳~10歳)
払込保険料総額 186万4,800円
(月払い保険料1万5,540円)
受取学資金総額 200万円

 
他社との比較で見ても、ソニー生命の返戻率の高さが分かりますよね。
定期預金などの利率よりはるかに高く、とても貯蓄率の優れた学資保険だといえます。
 

 

ライフプランナーと相談できる

ソニー生命には、家庭ごとの家計や貯蓄などマネープラン全般についてのアドバイスを行うライフプランナーが在籍しています。
ライフプランナーとは、保険はもちろん経済・財務・税務に関する幅広い専門的な知識と豊富なコンサルティング経験を兼ね備え、ソニー生命独自のカリキュラムによる教育と訓練を受けた生命保険のプロフェッショナル。
ライフプランナーは、契約者のライフプランに合わせたオーダーメイドのプランを提案し、契約時の手続きや保険金支払いの手続きに加え、契約期間中のライフスタイルの変化に合わせた保険内容の見直しや、さらには保険金が支払われたあとのアフターケアまで、トータルでサポートしてくれます。
何か困ったことがあった時も、すぐに専門のライフプランナーに相談できるのは、大きなメリットですよね。

ソニー生命のライフプランナーについての口コミ

ソニー生命の場合は、面談時に担当者が変わらずフォローしていただけると聞き、安心して加入致しました。(特に私の場合は、転勤が多いので) 契約後も、何か不明な点がないか、その他家族構成や状況が変わっていないかなど電話で丁寧に聞いてくれるので、気軽にお話しすることができました。また、現在加入している保険会社の保険や金融商品の話、ライフプランの相談などもできてとても助かっております。自分なりにライフイベントやキャッシュフローなどを作成したりしたのですが、専門の方からの意見が聞けるのでとても参考になります。
自分に合った保険会社、ライフプランナーに出会うことができとても満足しています。当時結婚して子どもが一人いましたが、初めてライフプランを立ててもらいました。実際にお話を聞いてみると、自社の保険を案内するだけではなく、今まで入っていた保険については、「この学資保険や養老保険はこのまま続けておきましょう。」と提案していただき、さらに丁寧な説明があり、わかりやすかったです。また、新しい商品が追加されると、新しい情報を案内してくれます。万が一のことがあっても、今までと変わらない生活ができる安心をいただいています。
※ソニー生命公式サイトより抜粋

保険料の払込免除特約はらいこみめんじょとくやくがついている

ソニー生命の学資保険スクエアでは、保険期間中に契約者(親)に万一のことが起きた場合、それ以後の保険料の払い込みが免除になる保障(払込免除特約)がついています
保険料の払込が不要になっても契約はそのまま継続されるので、進学資金や満期学資金は、こどもの年齢に合わせた契約時の指定日に変わりなく支払われます。
契約者に何が起きても、子どもの将来のための教育資金を確実に残すことができるのは、とても安心ですね。

ライフプランに合わせて選べる3つのタイプ

ソニー生命の学資保険には、家計や将来設計に合わせた3つのプランが用意されています。詳しく見ていきましょう。

中学、高校、大学などの進学学資金に備えたⅠ型

大学入学時の入学金や教育資金だけでなく、中学校・高校入学時にかかる費用を総合的に準備することができるプランです。
12歳時、15歳時に進学学資金を、18歳時に満期学資金を受け取ります。

・プラン例

引用:ソニー生命学資保険公式

高校卒業時の進学学資金に備えたⅡ型

大学進学時の学資金に重点を置いたプランです。17・18歳満期、もしくは20・22歳満期のどちらかを選ぶことができます。
20・22歳満期を選んだ場合、満期学資金のほかに18歳時に進学学資金を受け取ります。

・プラン例

引用:ソニー生命学資保険公式

中学、高校、大学などの進学学資金に備えたⅢ型

大学進学後に毎年進学学資金を受け取るプランです。大学時にかかる授業料などの教育費用に重点を置いています。

・プラン例

引用:ソニー生命学資保険公式
 

 

満期ごとの加入年齢と契約者年齢

学資保険の加入には、契約者とこどもの両方に年齢制限があるので、注意が必要です。
ソニー生命の学資保険スクエアの場合、こどもの年齢の上限は満期年齢やプランによっても異なりますが、0~3歳までとなっています。
また契約者の年齢上限もプランによって異なりますが、40~71歳までが上限となっています。契約者年齢に上限があるのは、保険料払込特約がついているためです。仮に契約者が90歳だった場合、こどもの満期年齢までに死亡する可能性が高いので、保険会社が保険料の支払いを免除するリスクが高くなってしまいますよね。そのために契約者にも年齢制限が設けられています。
加入する際には年齢制限をしっかり確認して、できるだけ早めに契約するようにしましょう。

5歳、7歳、9歳を過ぎても加入できる?

ソニー生命の学資保険スクエアの加入可能年齢は、0~3歳までとなっています。
もし3歳を過ぎてから学資保険に加入したいと思った場合は、米ドル建養老保険べいどるだてようろうほけんの学資プランがおすすめです。
米ドル養老保険の学資プランの契約者と被保険者、また満期保険金受取人はこどもではなく両親になります。プランの詳細については次で見ていきます。

米ドル建養老保険の学資プラン

米ドル建養老保険を活用して、学資金に備えるプランです。払込は円に換算して支払い、保険金、解約返戻金は円か米ドルのどちらかを選んで受け取ることができます。為替リスクはありますが、予定利率は円建よりも高く設定されています。

米ドルと円を組み合わせて利用できる

為替かわせ変動による元本割れのリスクはありますが、例えば国内の学資金には円で、留学などには米ドルで受け取ることができ、その他の円建えんだての保険や金融資産と組み合わせることで、バランスよく学資金を準備することができます

プラン例

引用:ソニー生命学資保険公式

もしもの時の保障と貯蓄を両方確保することがでできる

「学資プラン」とありますが、もともとは、死亡保険金額と満期保険金学が同額の養老保険です。保険期間中に被保険者が死亡または高度障害などになったときは、死亡保険金または高度障害保険金が支払われ、無事に満期を迎えると、満期保険金が支払われる仕組みです。

引用:ソニー生命学資保険公式

家計に合った払込方法を選べる

ソニー生命の学資保険スクエアは、月払い、半年払い、年払いのいずれかの払込方法を選ぶことができます。また保険料の払込期間も10歳~22歳までと幅広いプランが用意されています。

年払いや半年払いで保険料を安くできる

保険料の払込期間を短くすることで、返戻率を上げることができます。
返戻率=受取学資金総額÷払込保険料総額×100
契約例:契約者30歳男性・被保険者 0歳、学資保険(無配当)Ⅲ型、保険期間:22歳満期、保険料払込期間:10歳まで、基準学資金額:40万円、受取学資金総額:200万円

引用:ソニー生命学資保険公式

保険料の払込を一括にしたり払込期間を短くすることで、返戻率を上げることが可能ですが、学資保険に加入している半分以上のママたちが、「家計に負担をかけない払込方法を設定することが大切」と答えています。
それぞれの家計や将来設計に合わせて、専属のライフプランナーと相談しながら無理の無い契約方法を選びましょう

ソニー生命の学資保険を利用する際の注意点

ここでは、ソニー生命の学資保険に加入する際に知っておくべきポイントについて説明します。

貸付や解約をする際は相談を

一度は学資保険に加入したものの、色々な事情によって保険料の払込が難しくなったり、解約を検討する可能性も出てくると思います。
ソニー生命には契約者貸付制度けいやくしゃかしつけせいどというものがあり、まとまったお金が必要になった時に、解約返戻金の中から決まった範囲内でお金を借りることができます。
また、保険料の減額もできますし、やむをえず解約をすることになっても、いつでも解約をすることが可能です。
ただし、解約した際の返戻金は、支払期間やプランによって変動があり、払った金額よりも少ない場合もありますので、何かあった場合はまずライフプランナーに相談をしてみましょう

こどもの入院保障について

一般的にこどもの保険には、入院費や死亡給付金など、こどもにもしもの事があった時の保障が充実した保障重視型のタイプと、保障は少ないけれど、こどもに多くの学資金を準備できる貯蓄重視型のタイプがあります。
ソニー生命の学資保険スクエアには、こどもの医療保障はついていません。あくまでも貯蓄性を重視するための保険ですので、医療保障は省いています。

ソニー生命を選んだママたちの口コミを紹介します!

実際にソニー生命の学資保険スクエアを選んだ方たちの口コミを紹介していきます。

35歳 女性
加入前の面談で具体的な数字を提示しながら会社説明を受け、信頼感と安心感を抱きました。安定感のある会社を選んで良かったと思っています。また加入前の面談から加入後の問い合わせや変更事項の連絡などすべて同じ担当者の方が対応してくださるので、お互いに顔のわかる者同士でのやり取りに安心します。そして選んだ決め手となったソニー生命の学資保険の特徴でもある魅力的な戻り率(返戻率)にも満足しています。大きな買い物でもある保険、教育費用(教育資金)準備としてもとても大事な物ですので信頼できる会社を選んで良かったと思います。
40歳 女性
まず、ソニー生命の学資保険の魅力はやはり、戻り率(返戻率)だと思います。親としては、必要な時に、実際に払込んだ以上の満期学資金等が受け取れるのが一番嬉しいことだと思いますので、貯蓄性を重視している保障内容はとても魅力的だと思いました。さらに、もう一つの魅力は、学資保険金の受取時期を選ぶことができるという点です。我が家のように子どもが早生まれの場合、一般的な「18歳満期」では、必要な時に学資保険金が受け取れない可能性があります。そういう家庭にとっては、「17歳満期」タイプがあるのは非常にありがたいです。さらに、保険料の払込方法を「月払」「年払」等で選ぶことができたりと、各家庭の家計にあわせて、オーダーメイドのプラン設定ができることが人気の理由だと感じました。
35歳 女性
ソニーの学資保険の保障内容は契約者に万一のことがあった時はその後の払い込みが免除される事と、払い込みが免除されても学資金は契約通り100%受け取れるという2点のシンプルなものでしたので、自分の希望に適していました。子供の、また契約者の入院や治療に対しての保障はありませんが、ソニーは保障内容をシンプルにした分、戻り率(返戻率)を重視している事をライフプランナーさんに説明していただき納得しました。またいくつかプランがあり、プランによって戻り率(返戻率)が変わるという事も説明があり参考になりました。年払と月払も選べ、それによっても戻り率(返戻率)が変わってくるので我が家の家計と家族計画に合ったプランと支払い方法、戻り率(返戻率)の希望を比較検討し選べたこともソニーの学資保険のいい点だと思います。
※ソニー生命公式サイトより抜粋

まずは公式サイトで無料相談の申込みを!

学資保険にはたくさんの種類があり、大切なこどもの将来に関わることなので、どれにしようか悩みますよね。
ソニー生命の学資保険は、数ある学資保険の中でもトップクラスの返戻率の高さや、豊富なプラン、ライフプランナーのサポート体制など、メリットをたくさん兼ね備えています。
できるだけ早い段階で、一度無料相談をしてみてください。
 

 
「ソニー生命の学資保険」ポイントまとめ

  • トップレベルの返戻率の高さで貯蓄性に優れている
  • 専属のライフプランナーと相談できる
  • 保険料払込免除特約がついているので、もしもの時も安心できる
  • 将来設計に合わせた3つのプランから選べる
  • 米ドル建養老保険の学資プランで、米ドルと円でバランスの取れた貯蓄ができる
  • 家計に合わせた払込期間や払込方法を選べる
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

NAMICO

NAMICO

ナナイロディレクター/元フィットネスインストラクター/一児の母

かなりの健康オタクで、現在は栄養学とアロマコーディネイトの勉強中。
趣味は長年続けているヨガ。インドに半年間修行に行ってしまうほどハマっています(笑)
JAZZが大好きで、たまにJAZZシンガーもしています^^
今まで学んできた美容と健康の知識が、少しでもお役に立てますように。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ソニー生命の学資保険はなぜ人気?ママたちが選ぶ7つのポイント!

  • 学資保険の返戻率ランキングTOP10!2018年のおすすめ学資保険は?

  • 歯の黄ばみの主な5つの原因と、その落とし方を徹底解説!

  • ガンコな便秘の改善に!おすすめ青汁ランキング10!

関連記事

  • 学資保険の返戻率ランキングTOP10!2018年のおすすめ学資保険は?

  • ほけん百花の学資保険の取り扱いはどう?評判や口コミも紹介

  • 【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイント