1. TOP
  2. 育児
  3. 学資保険を検討中のママさん必見!学資保険と終身保険どっちがお得?

学資保険を検討中のママさん必見!学資保険と終身保険どっちがお得?

育児
 

学資保険を検討している中で、”学資保険の代わりに終身保険に入る”という選択肢を聞いたことがありませんか?
学資保険に入りたくて無料の保険ショップへ相談に行ったのに、終身保険をすすめられた」という人もいるようです。
はたして、学資保険と終身保険どちらがお得なのでしょうか。
今回は、そもそも学資保険の代わりに終身保険に入るとはどういうことなのか、また、学資保険、終身保険のそれぞれの特徴なども紹介しながら見ていきたいと思います。

学資保険の代わりに終身保険に入るってどういうこと?

学資保険の主な目的は、子どもの教育資金の貯蓄と、親などの契約者に何かあった時に教育資金を確保できるようにすることです。
一般的には子どもが18 歳になるくらいまで保険料を払い込み、一番お金のかかる大学入学等の時期に、金利が上乗せされた満期金(学資金)を受け取ることになります。

一方、終身保険は、一般的には払い込みが終わった後に、金利が上乗せされた解約返戻金を受け取ります。年金だけでは不安な老後に備えたり、死亡保障金をお葬式費用や残された家族への相続金に充てたりします。

学資保険の代わりに終身保険に入る目的は、終身保険の払込期間の満了の時期を、子どもの大学等の進学時に合わせ、金利が上乗せされた解約返戻金を、子どもの進学費用などに充てることです。

学資保険の代わりにすすめられるのは低解約返戻金型終身保険

学資保険の代わりに終身保険をすすめられる場合は、低解約返戻金型終身保険をすすめられることが多いです。
では、教育資金を貯めるのに学資保険と低解約返戻金型終身保険、どちらがいいのでしょうか?
次の章からは、低解約返戻金型終身保険の特徴と、学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

低解約返戻金型終身保険とは?

低解約返戻金型終身保険とは、保険料を安くする代わりに、保険料払込期間中に解約した場合の解約返戻金(受け取れるお金)を通常の終身保険よりも安くしている保険です。

月々の払う額は安いけど、途中で解約すると元本割れする可能性があるってことね。
 
しかし、払い込み後は通常の終身保険と同じくらいの水準で解約返戻金が受け取れます。

ちなみに低解約返戻金型終身保険の中で人気の保険は、オリックス生命の終身保険ライズという商品です。
貯蓄性が高いことと、手ごろな保険料が人気の理由です。

オリックス生命 公式サイト:www.orixlife.co.jp

どっちがお得?学資保険と終身保険を比較!

低解約返戻金型終身保険とは何か分かったところで、学資保険と終身保険どちらを選べばいいのでしょうか?それぞれの保険を比較してみました。

学資保険のメリット・デメリット

学資保険のメリットとデメリットを表にまとめたので、ご覧ください。

学資保険に入った場合のメリット
強制的に教育資金を積み立てることができる 保険料を銀行引き落としにすれば、ほぼ確実に積み立てられる。
通常の貯金のように引き出せないので、貯金が苦手な人も安心。
祝い金が貰える 学資保険の中には小学校進学時などにお祝い金がもらえる保険があり。
お祝金は受け取るか、そのまま将来の学資金として据え置いておくことも可能。
保障内容がシンプルで保険料が安く、貯蓄性が高いものが多い 保障内容がシンプルな分、返戻率へんれいりつが高い。
払込免除特約がある 契約者(親など)が死亡した際などは保険料の払込が免除される。(免除された場合でも予定通りの学資金が受け取れる)

 

学資保険に入った場合のデメリット
加入時期が限られる 加入できる時期は子どもが5歳から7歳になるまでという商品が多い。
万が一の時の保障は不十分な可能性がある 保障は契約者の死亡保障程度なので、万が一の備えとしては不十分。
(あくまでも子どもの教育資金の貯蓄が第一の目的なので、保険料が安い分、保障内容はシンプル。)

 

終身保険のメリット・デメリット

続いて終身保険のメリット・デメリットを表にまとめたので、ご覧ください。

終身保険を選んだ場合のメリット
使い道が自由 結婚資金など学費以外でも使える。
万が一の時の保障が手厚い 死亡保障以外にも三大疾病に対する医療保障や、要介護になった時に給付金を受け取れるなど、商品によってさまざまな保障を受けられる。
解約しない限り保障が一生涯に続く 解約しない限り、払込期間が終わった後も安心が続く。

 

終身保険を選んだ場合のデメリット
払込期間中、もしくは払込満了後すぐに解約すると損をする 保険金の払い込みが満了する前に解約すると元本割れする商品が多い。
(払込満了後は解約時期・商品によっては学資保険よりもお得になるものもある)
保障に注力を注いでいる分、保険料高い 保障が充実している分、保険料は割高。

 

【2018年度版】教育資金の積立におすすめ保険はコレ

学資保険の中で人気があるのは、ソニー生命の学資金準備スクエアです。
人気の理由は、払った金額に対して、受取り金額がどのくらい増えるかという返戻率が高いことです。
 

 
保険会社は、保険料を運用し、加入者に支払うお金を準備しています。
その際、「このくらい増やせる」という利率(予定利率)を予測し、保険商品の返戻率も設定しています。

しかし、2016年のマイナス金利政策の影響で予定利率が下がり、各保険会社は保険商品の返戻率を下げました。しかし、ソニー生命の学資保険準備スクエアは返戻率を下げなかったので、今でも高い返戻率となっているのです。

もちろん、契約者が万が一の時には、払込保険料は免除され、保障はそのまま継続されますし、プラン設定が細やかで、家計に合わせた払込方法や受取方法を選べる点も人気です。

例:親の年齢35歳、子ども0歳、受取り200万円の場合のシュミレーション結果
保険料払込期間 10年(0歳~10歳)
月払い保険料 1万5,536円
受取学資金総額 200万円(返戻率:107.2%

出典:公式サイト
http://www.sonylife.co.jp/gakushi/

ソニー生命 学資金準備スクエアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

 

迷う場合はどこに重点をおくかを考えよう

ここまで学資保険と終身保険を比較してきましたが、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。どちらにもメリット・デメリットがあるので、しっかり確認して子どもの入学金等の教育費を貯めていけたらいいですね。

迷う場合は、何に重点をおくか考えることをおすすめします。
貯蓄を目的とし、保険金は必ず教育資金として使うのなら学資保険を。
教育資金に限らず、さまざまな使い道を考えたい。また、さまざまな保障も付けておきたいという場合は終身保険を。
教育資金の備えが一番の目的であれば、シンプルな学資保険がおすすめです。

子どもの教育には多額のお金がかかります。奨学金という手段もあるかと思いますが、できるだけお金で苦労させたくないですよね。
大切な子どもの将来のために、しっかりと保険を検討しましょう。

  • 学資保険を相談すると、終身保険をすすめられることがある
  • 学資保険と終身保険どちらにもメリット・デメリットがある
  • 学資保険は保障がシンプルな分、保険料が割安で貯蓄性が高い
  • 教育資金を貯めたいなら学資保険がおすすめ

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田島 奈緒子

田島 奈緒子

小学生の娘の母
元製薬会社のMR(医薬情報担当者・医師などに自社の薬に関する情報を提供する営業職の一つ)

娘が小学生スイマーで、現在、娘の体調管理に奮闘中です!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 学資保険を検討中のママさん必見!学資保険と終身保険どっちがお得?

  • ほけん百花の学資保険の取り扱いはどう?評判や口コミも紹介

  • 柔らかすぎて垂れやすいおっぱい”水パイ”を改善!原因と対処法

関連記事

  • ほけんの窓口って実際どうなの?口コミと評判から探ります!

  • ソニー生命の学資保険はなぜ人気?ママたちが選ぶ7つのポイント!

  • 学資保険の返戻率ランキングTOP10!2018年のおすすめ学資保険は?

  • 【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイント

  • ほけん百花の学資保険の取り扱いはどう?評判や口コミも紹介

  • コドミンは効かない?実体験で分かった効果と口コミ評判を大公開!