1. TOP
  2. 育児
  3. 【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイント

【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイント

 2018/04/19 育児
 

「ラン活」という言葉を聞いたことがありますか?

ラン活とは、小学校入学を控えた子どものために、ランドセルを選び、購入する活動をいいます。

小学校入学は子どもの人生において、最初の大きな節目です。

大切な我が子が6年間使うランドセル。

どんな基準でどんなランドセルを選んでいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

人気のランドセルはすぐに売り切れてしまいます。

ラン活に乗り遅れないため、子どもが気に入るランドセルを手に入れるため、ランドセルを選ぶ基準やおすすめのランドセルを紹介します♪

見出し

ラン活はいつから始める?人気ランドセルは売り切れに注意!

「ラン活」という言葉まであるように、最近のランドセル商戦は過熱しています。

ラン活が初めてだという人は、いつからラン活を始めればいいのか気になりますよね。

まずは総務省統計局が調査した、ランドセルへの支出金額の推移のグラフをご覧ください。

消費支出(季節調整済実質指数)の推移(二人以上の世帯)
出典:http://www.stat.go.jp/data/kakei/family/03.html

このように、10 年前は年明け以降の1~3月にかけて支出金額が多くなっていましたが、最近では8月が最も多くなっています。

おじいさん、おばあさん世代が「孫にランドセルをプレゼントしたい!」というケースが増えているため、夏の帰省時期に合わせてランドセルの購入金額が多くなっているのです。

それでは、ラン活は夏頃に始めればいいのでしょうか?

しかし、ラン活を夏頃に開始すると、欲しいと思ったランドセルが売り切れてしまっているということもあります。

その理由は、人気のランドセルは入学1年前の4月頃から発売されるからです。

早くからラン活を始めている人は、お目当てのランドセルが発売されるとすぐに購入しています。

特に売り切れる可能性が高いのは、工房系のランドセル

手作りで質が良いものも多く、夏頃にはすでに完売するランドセルも珍しくありません。

特に良い材質のランドセルは生産数も少ないため、予約開始後すぐに売り切れてしまうものもあります。

後悔しないよう、ラン活は早めに始めましょう♪

売り切れが予想されるランドセルの人気ブランド

売り切れが予想される工房系ランドセルブランドと、2019年度のランドセル販売スケジュールを見てみましょう。

■ 土屋鞄
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/

熟練の職人が手づくりするランドセル工房の土屋鞄製作所。
上質な素材を厳選し、高品質のランドセルは毎年人気です。

土屋鞄 牛革 プレミアムカラー ランドセル

土屋鞄 牛革 プレミアムカラー
7万4,000円(税込)
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/products/detail.php?product_id=125

土屋鞄2019年度ランドセル
4月18日 注文受付・展示開始

■ 鞄工房山本
http://www.kabankobo.com/

鞄工房山本のランドセルは、選りすぐりの素材を使い、一つ一つ丁寧な手仕事で仕上げています。
丈夫さにもこだわっているランドセルです。

鞄工房山本 レイブラック ランドセル

鞄工房山本 レイブラック
6万7,000円(税込)
http://www.kabankobo.com/fs/rando/rayblack

鞄工房山本2019年度ランドセル
4月 Webカタログを公開・カタログ請求受付開始
5月13日 WEBサイトにてランドセル販売

■ 萬勇鞄
http://www.manyu-randoselu.jp/

萬勇鞄のランドセルは、職人が一針一針丁寧に手縫いしています。
ゴールドやシルバー、パール系の色などカラーバリエーションも豊富です。

萬勇鞄 ラッフル ランドセル

萬勇鞄 ラッフル
6万480円(税込)
http://www.manyu-randoselu.jp/products/girl/ruffle-2018/

萬勇鞄2019年度ランドセル
男の子用ランドセル 5月12日WEBサイトにて販売開始
女の子用ランドセル 5月13日WEBサイトにて販売開始

このように、工房系ランドセルは4~5月に注文の受付を開始するブランドが多いようです。

後悔しないラン活をするためには、4月中にはラン活を開始したいですね!
 

ラン活の前に…ランドセル選びのポイントを整理しよう!


ラン活が初めての人は、どのようなポイントでランドセルを選んでいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

私たちが小学生の頃とはトレンドも変わっていますし、教科書のサイズ変化の影響でランドセルのサイズも変わっています。

そこで、6つのポイントを押さえてラン活を始めることをおすすめします!

ランドセル選びの6つのポイント

  1. カラー
  2. 形状
  3. 素材
  4. サイズと重さ
  5. 背負い心地は良いか
  6. 保証があるか
さっそく詳しく見ていきましょう。
 

最近の人気カラーは何色?

私たちが小学生の時は、男の子用ランドセルは黒、女の子用ランドセルは赤が圧倒的に多かったですよね。

しかし最近の小学生はさまざまな色のランドセルを背負っています。

今は何色のランドセルが人気なのかを知っておきましょう。

男の子のランドセルの人気カラー

男の子のランドセルのカラーで、未だに根強い人気を誇っているのがです。

黒・紺系が7割を占めています。

その次に多い色は青系ですが、2割にも届かないほど。

茶系を選ぶ子供は最近減っているようです。

女の子のランドセルの人気カラー

昔からの人気色である、赤系とピンク系は依然として人気です。

それぞれ2割程度の女の子が選んでいます。

それと同じくらい人気がある色が茶系

少し前までは茶系は男の子でも持っている子がいましたが、最近は女の子に多いようです。

その次にパープルやラベンダー系が多く、水色は意外と少数派。

ランドセルは学校単位でも人気色に偏りがあります。

子供が選んだ色が浮いてしまうのではないかと心配な方は、学校ごとの傾向も確認しておくと安心ですね。
 

ランドセルの形状はどれがおすすめ?

最近のランドセルは多種多様で、お馴染みの形以外のランドセルも目にする機会があります。

ランドセルの形は大きく分けて3つ。

一つずつ見ていきましょう!

全かぶせ型

画像引用:セイバン
https://www.seiban.co.jp/girl/tenshinohane/classic/

私たちが小学校の頃から、ランドセルといえばこの形ですよね。

学習院型とも言われるこの形状は、明治時代に学習院が公式の通学カバンとして採用した歴史ある形です。

現在でも使用者が最も多い形状なので、カラーやデザインのバリエーションが豊富です。

半かぶせ型

画像引用:キッズアミ
http://www.naas.co.jp/products/detail/98

どこかレトロな雰囲気が漂う半かぶせ型のランドセル。

一時期流行った形状ですが、最近はほとんど見かけないでしょう。

他のお子さんとあまりかぶらないので、個性を重視したいなら半かぶせタイプもいいですね。

メリットとしては、ランドセルを立てたまま開けられるので物の出し入れがしやすい点です。

お子さんが登校するとき、うっかり忘れ物に気付いても、お母さんが後ろから物をさっと入れてあげられますね。(^^)

しかし防犯の面から考えると、後ろから物を入れやすいという点が逆にデメリットになってしまいます。

横型ランドセル

画像引用:キッズアミ
http://www.naas.co.jp/products/detail/97

半かぶせ型に続き、こちらも個性的な形をした横型のランドセルです。

ヨーロピアンタイプとも呼ばれています。私立小学校に通うお子さんのランドセルによく見かける形ですね。

学校によっては横型を禁止しているところもあるので、横型ランドセルを希望する場合は事前に確認しましょう。

収納サイズが大きい点がメリットですが、低学年の時には背負った時に、大きすぎると感じるかもしれません。

また、学校のロッカーも縦型ランドセルを基準に設計されているところが多く、ロッカーに収まらなかったり、机の横に吊るすと大きすぎたりします。

やはりランドセルは昔ながらの全かぶせ型がおすすめです。
個性を出したい場合には半かぶせ型や横型ランドセルもいいですが、使いづらいことも予想されます。
全かぶせ型以外を選ぶ場合は慎重に考えましょう。
 

素材ごとの特徴

ランドセルの素材もどれを選べばいいか迷いますよね。

ランドセルの素材として使われる革は、コードバン、牛革、人工皮革の3種類です。

それぞれの特徴を紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

コードバンの特徴

画像引用:土屋鞄
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/

コードバンとは馬のお尻部分にある厚さ1mmのコードバン層を革の裏側から削り出したもののことです。

馬一頭からかぶせ革2枚分しか採取できないほど希少な素材で、天然皮革の中でも最高級です。

コードバンを使用したランドセルの金額は5万円~15万円程度のものが多いです。

メリット:高級感がある、牛革より傷に強い
デメリット:キメが細かいので一番重い、水に弱い

牛革の特徴

画像引用:土屋鞄
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/

大人の革製品でもお馴染みの、牛の皮をなめして作られる革です。

牛の種類や革の部位、加工の仕方などにより、品質や価格はさまざま。

牛革を使用したランドセルの金額は3万円~12万円と幅があります。

メリット:人工皮革よりも傷に強く、高級感がある
デメリット:少し重め、水に弱い

人工皮革の特徴

人工皮革の特徴を見る前に、合成皮革との違いを説明します。

どちらも天然の皮革に似せて作った人工素材(人造皮革)です。

人造皮革、合成皮革、人工皮革の説明 ランドセル おすすめ
人工皮革の方が、天然皮革を限りなく再現しようとしたもので、丈夫で風合いも似ています

安価のランドセルには合成皮革のものもありますが、6年間使い続けるには強度が弱いです。

天然皮革でない場合は人工皮革を選ぶことをおすすめします

画像引用:土屋鞄
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/

人工皮革は、天然皮革に比べ金額も安いものが多いです。

人工皮革を使用したランドセルは、2万円~5万円くらいのものが一般的です。

メリット:水に強い、一番軽い
デメリット:傷に弱い、天然皮革に比べると高級感は劣る

人工皮革は各メーカーがこぞって開発しており、様々な種類があります。

ランドセルのブランドによって採用している人工皮革は決まっているので、人工皮革の素材で選ぶと、デザインや色は限られてしまいます。

主な人工皮革と採用しているランドセルブランド

  • クラリーノ(クラレ)
    セイバン、フィットちゃん、ララちゃん、イオン、工房系など多くのブランドが採用。
    水や汚れに強く軽い。
  • タフガード(帝人コードレ)
    ニトリのランドセルに使われている。
    軽くて丈夫。
  • ベルバイオ(FILWEL)
    池田屋ランドセル、ララちゃんなどが採用。
    強さ、質感、見た目にこだわっており、あの高級車レクサスから発売されたランドセルも採用。
  • エクセーヌ(東レ)
    ハネッセルランドセルが採用。
    超極細繊維のベースに、上質でしなやかな美しい外観が特徴。
    人工皮革の中では最上級のクラス。
 

ランドセルのサイズと重量の選び方

ランドセルを購入する時は、お子さんはまだ小学校入学前。

ランドセルを背負わせると、ランドセルが大きすぎて背負う子どもがかわいそうと感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

コンパクトなランドセルの方が軽いので、子どもへの負担も少なく良いのではと思いがちです。

しかし、しっかりサイズを確認しないと、A4ファイルなどが入らない可能性があるので注意が必要です。

同じA4サイズでも3種類ある

最近のランドセルはA4を基準に作られています。

私たちが小学生の頃は、プリントや教材はB5サイズが主流でしたが、最近はA4サイズが主流です

したがって、昔に比べて、今のランドセルのサイズは一回り大きくなっているのです。

また、同じA4サイズ対応のランドセルでも、3種類のサイズがあるのできちんと確認しましょう。

A4教科書対応サイズ
(サイズ:21.5cm×29cm前後)
型落ちで安く買うとこのサイズの可能性もあるが、ほとんどない。

A4クリアファイル対応サイズ
(サイズ:22~22.5cm×31cm前後)
フラットファイル対応より若干小さいが、フラットファイルも斜めに入れるか、端を少し曲げることで収納可能。

A4フラットファイル対応サイズ
(サイズ:23~23.5cm×31cm前後)

最近はA4クリアファイル、またはフラットファイルに対応したものがほとんどです。

また、使うファイルは、学校単位でA4クリアファイルかA4フラットファイルか決まっていることが多いので、小学校や先輩ママに聞いてみるとよいでしょう。

クリアファイル対応サイズのランドセルとフラットファイル対応サイズのランドセルのの重さの違いは、約20g~100g程度です。

そこまで重さに違いはないので、重さは気にせず必要に応じたサイズのランドセルを選ぶようにしましょう♪

ふわりぃのランドセルは、A4フラットファイル対応サイズでも軽くて丈夫なのでおすすめです。

ぴったりふわりぃランドセル男の子用

ふわりぃ最軽量モデル!
ぴったりふわりぃランドセル
通常価格5万9,400円(税込)のところ
Web注文価格5万3,460円(税込)

男の子用公式サイトはこちら
 

ぴったりふわりぃランドセル女の子用

女の子用公式サイトはこちら
 
ふわりぃランドセルの中でも最軽量の930g!
「ぴったり」というネーミングの通り、成長に合わせて背カンが左右に広がるため、背中にぴったりフィットします。
さらにクッション部分は凹凸のある構造となっていて、背中にかかる重さを分散させるため、負担のかからない作りになっています。

同じ大きさでも軽く感じるランドセルとは

同じ重さでも軽く感じるランドセルがあります。

子供がランドセルを背負った時に軽く感じることができるかは、いかに背中にフィットさせるかにかかっています。

ランドセルを背中にフィットさせるには、肩ベルトが立ち上がっている構造かどうかが鍵になります。

肩ベルト構造の違い ランドセル おすすめ

肩ベルトの上部が、付け根から立ち上がることで、余分なすき間がなくなり、身体のラインにフィットします。

すると、ランドセルの重心が身体に近づき、少し高い位置に重心がくるため、軽く感じるようになります。

この構造でおすすめのランドセルは、天使のはねクラシックです。

天使のはね クラシック ランドセル

天使のはね クラシック
5万7,240円(税込)
https://www.seiban.co.jp/tenshi/

白い羽のような形をした樹脂素材が、両肩のベルトの付け根部分に内蔵されています。

この「天使のはね」があることで、肩ベルトが立ち上がり、体にフィットする仕組みになっています。

画像引用:セイバン天使のはね
https://www.seiban.co.jp/randoseru/tenshinohane.html

 

背負い心地の良いおすすめのランドセル

6年間毎日背負うランドセル。

ランドセルを選ぶ時には、背負い心地の確認も重要なポイントです。

背負い心地の良いランドセルにはいくつかの特徴があります。

☑ ベルト部分に牛革が使われている
→ 経年ごとに柔らかくなり馴染みやすく、脇の部分が痛くない

☑ 背中が当たる部分にはクッション素材が使われている
→ ペタンコだとフィット感がない

☑ 背中のクッション部分にくぼみがある

画像引用:セイバン
https://www.seiban.co.jp/function/comfort.html

→ くぼみがないと背中にピッタリくっついて夏は蒸れて暑く感じてしまいます。

背負い心地を決定する重要なパーツは背カン!

もう一つ、背負い心地の鍵を握る上で重要なパーツがあります。

そのパーツとは、「背カン」です。

背カンとは、ランドセル本体と肩ベルトを繋ぐ部品です。

画像引用:イオン
http://www.aeonretail.jp/kidsschool/first_time/003/

背カンの作りが悪いと、下記のような問題があります。

質が悪い背カンの問題点

  • 壊れやすい
    ランドセルの破損は背カンが多い
        
  • 子供の髪が長い場合、背カンに髪を挟むことがある
    背カンは動く構造のものが多いので(後述)、その際に髪が挟まれる可能性がある
背カンは、これまで紹介してきた人気ランドセルメーカーのものであれば、構造がしっかりしています。

6年間壊れないように耐久試験が重ねられ、髪も挟まれにくい構造になっています。

しかし定価の安いランドセルの中には、背カンの作りが粗悪で壊れやすいものが多く、髪が挟まりにくい配慮もされていないので注意が必要です。

海外製のものに多いので、購入前にはよくチェックしましょう。

セイバンまもリボン ランドセル用品

セイバンまもリボン
1,800円(税込)
http://kanematu.ocnk.net/product/1104

髪が挟まれることがどうしても気になる場合は、まもリボン(セイバン)などの、髪が挟まることを防ぐカバーで背カン部分を覆ってしまうのもいいでしょう。

髪がランドセルにかからないように、頭の上の方でまとめるヘアアレンジをしてあげてもいいですね(^ ^)

背カンの構造の種類

背カンには、固定タイプの背カン、動く構造の背カン(動く物はさらに、連動型、非連動型の2種類に分かれます)があります。

最近のランドセルは、背カン部分が動く構造になっているものがほとんどです。

それは下記のようなメリットがあるからです。

背カン部分が動くことのメリット

  • 背負ったり降ろしたりしやすい
  • 体が大きくなった時に窮屈に感じない

それぞれの背カンの特徴も知っておくと、ランドセルを選ぶ時に参考になります。

固定タイプ

背カンの部品が固定され、ベルトが動かないタイプです。

体が大きくなっても、肩ベルトが固定されているため開かず、窮屈になることが予想できますね。

連動型

画像引用:セイバン天使のはね
https://www.seiban.co.jp/function/light.html

背カンが左右に連動して動くタイプです。

ランドセルを背負う時に、例えば右の肩ベルトが外側に開くと、左側も連動して同じ幅で開きます。

ただし、背負った時にランドセルの重心が中央にない場合、片方のベルトが浮いたようになります。

このようにな状態になると、子供が違和感を感じるはずなので、ベルトが浮かなくなるように重心を中央に戻すので、気にしなくてもよいでしょう。

非連動型

画像引用:萬勇鞄
http://www.manyu-randoselu.jp/index.html

背カンが左右別々の幅に動くタイプです。

背負った時にランドセルの重心が中央にない場合でも、どちらのベルトも肩にフィットします。

連動型のものよりも、体の動きに合わせてフィットしますが、重心がずれている場合には、片方の肩に重さがかかったままになります。
 

保証がついているかどうかを必ず確認すること

ランドセルは安い買い物ではないですよね。

6年間使う中で、もしもランドセルが壊れてしまった時に保証が付いていると安心できますね。

保証の種類とおすすめランドセル

今時のランドセルには、たいてい6年保証が付いています。

保証には、
日本ランドセル工業会の保証
メーカー保証
の2種類の保証があります。

日本ランドセル工業会の保証

画像引用:ランドセル工業会
http://www.randoseru.gr.jp/about/hoshou.html

画像引用:ランドセル工業会
http://www.randoseru.gr.jp/about/hoshou.html

上の2つのマークは、どちらも日本ランドセル工業会の発行している保証書のマークです。

どちらのマークがついたランドセルも、6年間の修理対応を行っています。

2つのマークの違いとして、上のピンクの桜のマークは、ランドセル工業会が定める規格に合致する製品にのみ付いています。

メーカー保証がはっきりしない場合は、これらのマークがついたものを選びましょう。

海外製のものには付いていないので注意が必要です。

メーカー独自の保証

メーカー独自の保証がついている場合、メーカーによって保証内容に違いがあるのできちんと確認しておきましょう。

メーカー保証がついている主なランドセルメーカー
フィットちゃんランドセル
セイバン
鞄工房山本
萬勇鞄
池田屋ランドセル

ほとんどのメーカーでは、故意や通常利用の範囲外での故障は、有償での保証になります。

しかし、池田屋ランドセル理由を問わず無料保証してくれる珍しいメーカーでおすすめです。

池田屋 [870] ベルバイオスムース カラーステッチ ランドセル

池田屋 [870] ベルバイオスムース カラーステッチ
5万5,080円(税込)
http://www.pikachan.com/product/no70/

 

子どものお悩み別ランドセル選びのポイント

ここまでランドセルの選び方のポイントを紹介してきました。

ここからは子どものお悩み別のランドセルの選び方のポイントを紹介します。

小さい子どもにおすすめのランドセル

前述の、ランドセルのサイズと重量の選び方でも説明したように、小柄だからといってA4のファイルが入らないものは避けましょう。

子供の成長は早いので、最初は大きすぎるように見えたランドセルも、半年くらいで気にならなくなるものです。

あまり神経質にならず、子供が気に入ったランドセルを選んであげましょう♪

最近は、容量が大きく、少しコンパクトのキューブ型ランドセルが増えています。

小柄なお子さんにはこのキューブ型のランドセルがおすすめです!

萬勇鞄 ファラーシャ ランドセル

萬勇鞄 ファラーシャ
5万9,400円(税込)
http://www.manyu-randoselu.jp/products/girl/farasha02-2018/

キューブ型ランドセルとは
ヘリの部分がないランドセル。
その分コンパクトだが、内寸は広い。
ヘリがなくても丈夫な作りにするため、特殊な縫製が必要。

※ヘリとは、背当てと側面を縫い合わせるための「縫いしろ」のような部分。
 ランドセルの構造を丈夫にする役割も担っています。

画像引用:萬勇鞄
http://www.manyu-randoselu.jp/concept/zyobu/

腰痛の子どもにおすすめのランドセル

2011年から脱ゆとり教育が実施され、小学校の教科書のページ数が10年前より35%増えています。

それに伴い、教科書が重くて腰痛に悩む小学生が増加。

さらに2020年に新・学習指導要領が始まることで、教科書の量はさらに増える可能性があるのです

各メーカーでも子どもの体への負担が軽減されるようなランドセルが販売されています。

例えば体に密着するような構造のランドセルです。

ランドセルが背中に密着しておらず、背中との間に隙間があると姿勢が悪くなってしまい、腰に負担がかかります。

イオンからも、子どもの体への負荷を軽減させるランドセルが発売されています。

教科書の重さで腰痛に悩む子どもにもおすすめです。

イオン かるすぽ ブレイブナイト ランドセル

新学習指導要領に対応の大容量!なのに背負いやすい設計
イオン かるすぽ みらいポケット

男の子用公式サイトはこちら
 

イオンかるすぽみらいポケット女の子用

女の子用公式サイトはこちら
 
2020年に始まる新学習指導要領に対応した大容量タイプ。
中のマチ幅が3cm~8cmまで伸縮するため、荷物の量に合わせて幅を調節できるようになっています。
さらに人工工学に基づいて、重さを分散させる3点背当てを採用。
荷物がたくさん入るのに軽く感じる、イオンで一番人気のランドセルです。

金属アレルギーの子どもにおすすめの対策

ランドセルには多くの金属のパーツが使われています。

金属アレルギーの子どもは、背カン肩ベルトに注意が必要です。

背カンは、首の後ろに触れてしまいまいますし、肩ベルトの金属パーツも腕に当たってしまいます。

子どもの首の後ろや腕の内側が赤くなっていたり、かゆみを訴えたりする場合は、早めに病院に行きましょう。

どのような対策が必要?

すでに小学校入学前に金属アレルギーがわかっている場合は、アレルギーがでないような素材を使っているランドセルを選びましょう。

先ほどから紹介している天使のはねに使われている金属パーツは、安全を確保されたものであるかを調べる試験をクリアしています。

また、ララちゃんランドセルは金属アレルギーの子供にも安心な、チタンを使用しています。

ララちゃんランドセル エンジェル・ララ

ララちゃんランドセル エンジェル・ララ
48,000円(税込)
https://shop.raraya.co.jp/products/detail

ランドセルを買ってから金属アレルギーがわかった場合も対策はあります。

背カン部分は先ほども紹介した、まもリボンなどの背カンカバー、肩ベルトの金属部分には、肩パッドをつけると、直接金属部分を肌に触れるのを防げるので効果的です。

まもるちゃん 肩パッド ランドセル用品

まもるちゃん 肩パッド
1,170円(税抜き)
http://mamoruchan.jp/products/pads/

 

限定モデルのランドセルも要チェック!

ランドセルにはネット限定や店舗限定などの「限定モデル」のランドセルもあるんです。

人気のモデルはすぐに売り切れてしまうことも。

デザインに特徴があるので人と違ったランドセルが欲しい!という方は要チェックです。

プーマ イオン限定モデル

プーマ イオン限定モデル2

【2019年モデル】【予約】【天使のはね】
プーマ イオン限定モデル
ブラック/マリンブルー (男の子)
7万200円(税込)

公式サイトはこちら

ブラックとブルーの配色やロゴのグラフィックが特徴のプーマのランドセルです。
セイバンなので品質も安心ですね。
スポーツが大好きな男の子にもおすすめです。

ラブピキューティリボンイオン限定モデル1

ラブピキューティリボンイオン限定モデル2

【2019年モデル】【予約】【天使のはね】
ラブピ キューティリボン
イオン限定モデル

パールピンク(女の子)
6万2,640円(税込)

公式サイトはこちら

セイバンで人気の「ラブピ」のイオン限定モデルです。
リボンをモチーフに、魔法のステッキなどがデザインされています。
コロンとした丸いフォルムもキュートですね♪

 

【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイントまとめ

ランドセルによっては夏前には売り切れてしまうものもあります。

ラン活を開始し、たくさん調べてお目当てのランドセルが見つかったのに、売り切れとなればショックですよね。

お目当てのランドセルが売り切れる前に、早めにラン活を始めましょう♪

ランドセルを選ぶ際は、今回紹介した6つのポイントに着目し、子供が6年間気に入って使えるランドセルを選べるといいですね!

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

MINA

MINA

ナナイロディレクター

転勤族の夫と2人暮らし。
元ウェディングプランナー。
仕事も家庭も女性としてのキレイも大事にしたいと思い、日々奮闘中です。
皆さまの暮らしに彩りを与えるような情報をお届けしていきたいです♪

好きなことは、お買い物でマイルを貯めて旅行に行くこととエステに行くこと。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【2019年ラン活】おすすめのランドセルと選び方のポイント

  • おすすめのわきがクリーム7選!臭いがバレない強力クリームはどれ?

関連記事

  • 増えていく白髪を予防したい! 今からできる6つの対策とオススメ白髪予防シャンプー、トリートメント7選!

  • ウエストのくびれを作るのは筋トレだけじゃない!効果的な8つの方法

  • 即効ヒップアップ!今からでも遅くない簡単で効果的な5つの方法

  • エクオールを作れる人の特徴は?作れない人への救済措置も!いま大注目のエクオール基本ガイド

  • ホームパーティー成功のカギは準備にあり!おもてなし10のアイデア

  • サロン前の伸びかけ2センチを乗り切る!白髪染め、部分染め7選!