1. TOP
  2. 美容
  3. ピーリングの美肌効果はすごい!種類・注意点・自宅でのやり方を解説

ピーリングの美肌効果はすごい!種類・注意点・自宅でのやり方を解説

 2018/08/14 美容 美肌
 

日々暮らしているなかで、肌への悩みは尽きないものです。

  • ニキビ
  • シミ
  • 乾燥
  • 肌荒れ

など、悩みも一人ひとりさまざまです。
そんな肌の悩みを助けてくれる「ピーリング」というケア方法があります。

女性の美肌を保つための強い味方である「ピーリング」は、注意点をしっかりと守りさえすれば、自宅で簡単にはじめることも可能です。
いますぐトライして、美肌を目指しましょう!

ピーリングって?

ピーリングとは、長年蓄積された肌の角質を取り除くことです。
ターンオーバーによる肌の乱れを改善する方法で、第一段階で行うことが多いスキンケアです。やり方さえわかれば、自分でも簡単に行うことができます。

肌荒れやシミ、ニキビ跡などに悩んでいる人は、長い年月をかけて蓄積された古い角質が原因で肌トラブルを引き起こしている可能性があります。

その厚くなった角質層を取り除いて薄くすることで、ニキビや肌荒れなどを防ぐことが可能です。
普段のスキンケアに「ピーリング」を加えるだけで、お肌の悩みの改善に期待できます。

種類は2つ

ピーリングは、大きく分けて2種類あります。
自宅でおこなうピーリングと、クリニック(病院)でおこなうピーリングがあります。

【自宅でおこなうピーリング】

自宅でおこなうピーリングは、洗顔料や化粧品を使用します。
すぐに効果を実感できるものではありませんが、続けることでさまざまな肌トラブルを解消することが期待できます。

・洗顔料&固形石鹸
毎日の洗顔で少しずつ角質を取り除きたい方は、洗顔料・固形石鹸を使用しましょう。
毎日欠かさずにいつもの洗顔と同様におこなうことで、だんだんと肌にツヤが出てきます。

・化粧水&美容液
洗顔をした後の肌にコットンなどで化粧水や美容液などを塗りこむことで、角質をさらにやわらかくします。肌をやわらかくすることで、水分をしっかりと奥底まで吸収させることができるので、保湿効果も高まり、美肌へと近づきやすくなります。

自宅でおこなうピーリングは、化粧水・洗顔料などの日ごろのスキンケアにプラスしておこなうか、ピーリング用のスキンケア用品に変更しておこなう場合が多いです。
角質除去の人気アイテムといえば、AHAを配合した洗顔石鹸が有名で、敏感肌や乾燥肌の人にもやさしいと好評です。

【クリニックでおこなうピーリング】

美容皮膚科やクリニックでおこなうピーリングは、自宅でおこなうピーリングとは異なり、劇的な肌の改善を実感しやすいといわれています。
自宅ピーリングはスキンケアの一環としておこなうものでしたが、クリニックでは主にレーザーや薬剤などを使用してピーリングをおこなっていきます。

・薬剤
自宅では使用できない濃度の高い薬剤を使用してピーリングをおこないます。
クリニックによって使用する薬剤は異なりますが、「サリチル酸」や「グリコール酸」、「乳酸」などが主流です。
それらの薬剤を塗って、しばらく置いてから洗顔をして角質を除去します。

自宅のピーリングとは違う点は、一人ひとりのお肌の状況に合わせて薬剤を組み合わせたり、濃度を変えたりすることができるので、自分に合ったピーリングがおこなえることです。

・レーザー
薬剤は一切使用せずに、レーザーのみでピーリングをおこなう場合もあります。
敏感肌の人は、薬剤などに反応してしまうケースもあるため、レーザーによるピーリングがおすすめです。

主にニキビ跡や肌荒れ、シミなどの肌トラブルに効果的で、3回以上施術をおこなったころから効果を実感しやすいといわれています。

敏感肌の人は、自分で頻繁にピーリングをおこなうと角質が剥がれすぎてしまい、肌荒れを起こしてしまうケースもあります。
そういった心配のある方は、専門の医師の診察のもと安心して施術をおこなえるクリニックでのピーリングがおすすめです。
自分の肌状態を知り、その症状に合わせてピーリング方法や薬剤の濃度などを決めてくれるので、効果をより実感しやすくなります。

ピーリングの効果とは

ピーリングをおこなうことによって、さまざまな肌トラブルを改善することが可能です。
あらゆる肌の悩みにを改善する「ピーリング」の効果を具体的に解説していきます。

角質の除去

肌のターンオーバーを正常に保てなくなる原因が、蓄積された古い角質です。
古い角質が原因となって、ターンオーバーが正常に働かなくなり、肌荒れが起きたり、乾燥によりシワやニキビが増えたりするのです。

肌の悩みの根本的な原因である古い角質をピーリングによって除去することで、肌のターンオーバーが整い、本来の肌を取り戻していく効果があります。

保湿効果

ピーリングによって角質をやわらかくしたり、除去したりすることで、化粧水や乳液、美容液の浸透を通常よりもよくする効果があります。
水分を肌の奥底まで浸透させることにより、みずみずしい肌へ導き、保湿効果が期待できます。

シミ・しわ

30代を過ぎると気になりはじめるのがシミやしわです。
シミやシワができてしまった時の対処法として、ビタミンC誘導体を使用したり、集中的に保湿対策を徹底したりする人も多いでしょう。

このシミやしわも、ピーリングによって改善することが可能です。
古くなった角質をピーリングによって取り除き、肌の代謝をより高めることで、シミ対策として有効なビタミンC誘導体の働きをさらに高める可能性を秘めています。

しわも同様にピーリングで肌の状態を整えることによって、水分が肌の奥底まで浸透し、保湿を維持することで予防できるでしょう。

肌荒れ

肌荒れが気になった際に、手軽に自宅でできるスキンケアのひとつがピーリングです。
ピーリング専用のスキンケア化粧品を加え、自分の肌に合った化粧水などを一緒に使用することで、肌荒れを改善することができます。

シミやそばかす、にきび跡が気になる場合は、クリニックでのピーリングが効果的です。
敏感肌の人がピーリングを自宅でおこなうのは勇気がいりますが、クリニックであれば肌への負担が軽減されるレーザーによるピーリング方法もあるので、安心して施術を受けることができます。

ニキビの予防・改善

長い間蓄積された古い角質を定期的に除去することで、にきびの根本である角質を除去できるため、にきび予防に効果的です。

にきびは、肌のターンオーバーが正常にコントロールしなくなることでできることが多く、毛穴に皮脂が溜まることが原因です。
そのため、古い角質の除去をするピーリングは、にきびの改善策にも繋がります。

ニキビ跡

紫外線などの外的要因でメラニンが外に排出されずに溜まってしまうことで、にきびがにきび跡としてハッキリと残ってしまうことがあります。

色素沈着を起こしてしまっている二キビと凹凸のあるニキビには、とくにピーリングが効果を発揮します。
これらのニキビは、ピーリングを繰り返すことによって、だんだんと角質がやわらかくなることで、徐々に改善されることが多いです。

凹凸がハッキリしているにきびは、自宅でのスキンケアでは時間を要するので、クリニックでのピーリングがおすすめです。
凹凸が激しい場合は、通常よりも治療に時間がかかる場合がありますが、レーザーによるピーリングを繰り返すことで元の肌を取り戻すことができます。

毛穴

長い間、汚れた古い角質が蓄積されてしまうと、スムーズに肌のターンオーバーができず、毛穴の皮脂分泌にも異常をきたします。

毛穴に皮脂が溜まることで、にきびなどの肌荒れを引き起こす場合があるため、ピーリングによって毛穴の皮脂の詰まりをなくしていきましょう。

自宅でできるピーリング方法

ホームケア用品として、自宅で気軽に試せるピーリンググッズや化粧品は、いまやいろいろな場所で手に入るようになりました。
ドラッグストアやソニープラザ、ロフトなどでも品揃えが豊富で気軽に購入ができます。
そんな自宅で簡単にできるピーリング方法を、アイテム別に解説していきます。

ピーリングジェル

ピーリングジェルは、マッサージをしながら古い角質をやわらかくして取り除いていきます。
肌をやさしくマッサージすることで、ポロポロと消しゴムのかすに似た角質が出てくるので、最初は驚く人も多いです。

マッサージ後に肌を触ると、肌がスベスベになるため、効果を実感しやすい方法といえます。
しかし肌への負担があるため、週に1回のスキンケアとしておこなうのがおすすめです。

ケミカルピーリング石鹸

ピーリング石鹸の代表的なものには、洗顔タイプのケミカルピーリング石鹸があります。
普段使用している洗顔フォームと同じ方法でおこなえるため、使い方も簡単で初心者におすすめです。

とくに顔のなかでも角質が溜まりやすいTゾーン、Uゾーンを中心に優しく汚れを浮かせるようにして、洗顔をおこないましょう。
洗顔後は開いている毛穴を引き締めるために、水で泡を落としてください。
石鹸は肌への負担も少ないので、毎日の洗顔フォームとして使用すれば、化粧水の浸透や翌朝の化粧ノリもよくなります。

ピーリング用化粧品

ケミカルピーリングに抵抗がある敏感肌の人や、初心者に人気のピーリンググッズは、ピーリング用の基礎化粧品です。基礎化粧品といってもいろいろな種類があり、ローションタイプや乳液タイプ、美容液タイプとさまざまあります。

保湿効果や美肌効果のあるAHAなどのフルーツ酸が入っているものが多く、毎晩のスキンケアをピーリング化粧品に変えるだけでも、簡単におこなうことができるためおすすめです。

ピーリング化粧品についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

選び方と注意点

誰でも簡単にピーリングがおこなえる「ピーリング化粧品」。
しかし、その種類はさまざまあり、選ぶのが一苦労という方もいるでしょう。
ピーリング薬液の配合にもAHAとBHAがあったり、濃度が違ったりするなどいくつか選ぶポイントがあるため、分かりやすく解説していきましょう。

AHA(グリコール酸、乳酸)配合のものを選ぶ

ピーリング化粧品を選ぶうえでもっとも大切なことは、AHA配合の商品であることです。
ピーリング薬液の配合には、AHAとBHAがありますが、BHAは日本人には刺激が強く、ピーリング効果を損ねやすいといわれています。

そのため、低刺激のAHAを選んだ方がより安心して効果を期待することできます。
AHAはグリコール酸や乳酸、BHAはほとんどがサリチル酸です。
敏感肌の人やピーリング初心者は、とくにAHA配合のピーリンググッズをおすすめします。

AHA(グリコール酸、乳酸)の濃度に気を付ける

AHAを選ぶ際に気をつけたい点が濃度です。
濃度によっても効果の出やすさが異なるため、購入するときには必ず確認しましょう。

安全性が高いといわれているAHAの濃度は、「3%以下」が妥当ともいえます。
それ以上は、黄色人種である日本人の肌は肌トラブルを起こしやすいため、注意しましょう。

保湿・日焼け止めは必ず使用する

ピーリングをすることで、古い角質が剥がれるため肌が薄くなります。
肌が薄くなることで、紫外線によるダメージを受けやすく、肌トラブルの原因になったり、シミやほくろが増えたりします。

それを防ぐためにも念入りに保湿をし、日焼け止めでしっかりと肌をカバーしましょう。

日焼け止めの選び方についてはこちらの記事をチェックしてください。

 

使い方を守る

ピーリングは肌の角質を除去することが目的なので、肌への負担は少なからずあります。
毎日使用すると本来剥がれてはいけない角質までも剥がれてしまい、肌トラブルを引き起こす原因となります。

そのような肌トラブルを防ぐためにも、適切な使用頻度、使用方法を心がけ安全に使いましょう。

よいものを選んで、キレイな肌を手に入れよう

世の中にはたくさんの種類のピーリング化粧品が出回っています。
美容成分や配合、濃度も化粧品によってさまざまなので、よく成分を確認して購入するようにしましょう。

自分の肌により合った成分を選ぶことによって、ピーリング効果も高まるので、継続的に使用することが大切です。
お肌の悩みを解消するためにも、いつものスキンケアに一手間加えてできることからはじめてみましょう。

  • ピーリングとは蓄積された古い角質を除去するケアのこと
  • ピーリングには自宅とクリニックでおこなう2種類がある
  • ピーリングによってさまざまな肌トラブルの予防・改善ができる
  • 敏感肌や乾燥肌の人はクリニックでのレーザーによるピーリングが効果的
  • 自宅でピーリングをおこなう場合はAHA配合のピーリング化粧品を選ぶべき
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

青山 由樹

青山 由樹

広報/一児のママ

毎日を楽しくハッピーに仕事をしながら娘の育児に奮闘しています!
私のモットーはとにかく行動!
大好きなもの、気になること、食べたいものがあれば即行動するくらいアクティブです!

オシャレ大好き!遊ぶの大好き!食べるの飲むの大好き!
もっともっと30代がさらに充実するようにステキな記事をたくさん作っていきますので、宜しくおねがいします!

この人が書いた記事  記事一覧

  • プチプラ化粧下地で崩れ防止!20代30代40代別におすすめを紹介

  • プラセンタドリンクの美容効果がすごい!おすすめ商品と口コミを公開

  • 馬プラセンタが最強?更年期への効果や話題のサプリの口コミと評判

  • バストアップに効果的な【プエラリア】副作用や成分に危険性はある?

関連記事

  • ビーグレンは効果なし?シミ・ニキビ跡・毛穴に対しての口コミを紹介

  • 【体験談】口コミで話題!レグスリマーメイクトレンカの美脚効果とは

  • 肌の黄ぐすみを徹底的にとる!糖化とカルボニル化を解消する10の方法

  • fuwari(フワリ)プラセンタサプリは効果なし?真実は口コミに

  • 馬油とは?効果や選び方・おすすめ商品紹介!美容ケアの使い方も解説

  • クサい足にさようなら!足のニオイ対策におすすめ石鹸ランキング5選