1. TOP
  2. 美容
  3. 馬油とは?効果や選び方・おすすめ商品紹介!美容ケアの使い方も解説

馬油とは?効果や選び方・おすすめ商品紹介!美容ケアの使い方も解説

 2018/08/29 美容 美肌
 

古くから美容アイテムとして人気の馬油。
評判は聞くけど、特徴や使い方がいまいちわからないという人も多いでしょう。

馬油は美容を守るために多くの役割を果たしてくれる万能油です。
この記事では、馬油の特徴や成分の効果効能、商品の選び方、おすすめ人気ランキングまで徹底解説します。

馬油を活用したいという人はぜひチェックしてみてください。

馬油とは?

はじめに馬油にはどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

読み方

馬油は「バーユ」と読むのが一般的ですが、地方によって「マーユ」と読む場合もあります。

馬の油と書くように、馬の脂肪でできた動物性の天然油のことです。
中国では約4000年前から使われ、日本へは約400年前に伝わったといわれています。

馬油の作り方

馬肉は「さくら肉」とも呼ばれ、食用として用いられています。
この食用として加工するときに不要となる油脂が、馬油として活用されます。

■ 馬油の作り方
1.馬のお腹の脂肪などをミンチにする
2.長時間加熱したあと熟成させる
3.不純物を取り除き、馬油が完成

人の肌になじみやすい

馬油の特徴のひとつには、肌へのなじみやすさがあります。

馬油は人の皮脂と似たような性質を持っていることから、皮膚にのせたときにしっとりとなじみます。浸透性が高く、肌になじんだあとはサラサラとした肌触りになるので、オイルのベタつきが苦手な人にも使いやすくおすすめです。

不飽和脂肪酸が豊富

油脂には動物性・植物性の2種類があり、一般的にそれぞれ多く含まれている脂肪酸の種類が違います。

  • 動物性油脂:飽和脂肪酸が多い
  • 植物性油脂:不飽和脂肪酸が多い

飽和脂肪酸はコレステロールを増やす原因になり、不飽和脂肪酸はコレステロールの沈着を防ぐ働きがあるといわれています。

馬油は動物性油脂でありながら、他の動物性脂肪と比べて不飽和脂肪酸が多く含まれているのが特徴です。約6割が不飽和脂肪酸となり、この比率が人の皮脂と同じことからなじみのよいオイルになっています。

馬油の主な成分と効果・効能

それでは、馬油に含まれている成分の主な効果・効能について解説します。

オレイン酸

皮脂に含まれている脂肪酸の中でもっとも多いのが「オレイン酸」です。
一価不飽和脂肪酸のオレイン酸には、乾燥から肌を守り肌を柔らかくする効果が期待できます。小じわや肌のごわつきなどの肌トラブルに効果的です。

α-リノレン酸

「α-リノレン酸」は多価不飽和脂肪酸の一種で、水分の蒸発を防いで肌を柔らかくする効果や、メラニン抑制作用による美白効果、ターンオーバーを促進する作用が期待できます。

パルミチン酸

「パルミチン酸」は飽和脂肪酸の一種で、抗酸化作用を持ち、ビタミンAを安定させてシワを増えにくくしてくれる効果があるといわれています。また、過剰な皮脂分泌を抑える作用によってニキビ予防効果も期待できます。

リノール酸

リノール酸は多価不飽和脂肪酸の一種で、水分の蒸発を防ぐ作用や抗炎症作用、肌をなめらかにする作用があるといわれています。保湿だけでなく、肌のバリア機能も高めてくれるので美肌効果が期待できます。

パルミトレイン酸

「パルミトレイン酸」は一価不飽和脂肪酸のひとつで、肌の老化を防ぐ効果があるといわれています。パルミトレイン酸をスキンケアに使うことで肌を柔らかく保ち、乾燥を防いで保湿する効果が期待できます。

馬油の選び方

馬油にはたくさんの商品があるため、どれを選んだらいいのかわからないということもありますよね。馬油を選ぶときには、2つのポイントをチェックしてみましょう。

使いやすさで選ぶ

馬油にはクリーム状タイプと液状タイプがあります。
クリーム状タイプは体温で液状に変化し、じんわりと肌に浸透します。
液状タイプはサッと手に取れることや、持ち運ぶのに便利なメリットがあります。

テクスチャーの違いで効果効能に違いはないので、用途や自分の使いやすさで選んでみましょう。

純度の高い馬油を選ぶ

商品によって馬油の配合量が異なり、防腐剤や安定剤などの添加物が入っているものもあります。なるべく純度の高いものを選ぶと、浸透力が高く馬油の効果効能を発揮しやすくなります。

馬油を選ぶときは価格だけでなく、成分表をよく見て選びましょう。

【美容ケア】馬油の効果的な使い方

馬油の効果を活かした使い方をするなら、日常的な美容ケアに活用するのがおすすめです。どんな使い方があるのか、さっそく紹介していきます。

ヘアケア・頭皮マッサージ

馬油をヘアケアとしてトリートメント代わりに使うと、ドライヤーなどの外的刺激から髪の毛を守ることができます。また、馬油を頭皮になじませてマッサージすることで血行が促進されるため、白髪や抜け毛予防にも最適です。

白髪や頭皮のケアはシャンプー選びも大切!詳しくはこちらの記事をチェック

 

ブースター・乳液・クリーム代わりに

馬油の血行促進効果は、シワ・シミ対策や美肌効果が期待できます。
化粧水前のブースターや乳液、クリーム代わりに肌ケアに使ってみましょう。
保湿力が高いので、乾燥肌・敏感肌の人にもおすすめです。

リップケア・まつげケアに

唇が荒れているときには、馬油を塗ってラップパックをすると保湿効果でふっくらとした唇が目指せます。馬油のリップクリームも販売されているので、日常的なリップケアにも活用が可能です。また、まつげのトリートメントして使うと抜け予防効果が期待できます。

マッサージオイルとして

馬油は髪の毛や顔だけでなく、全身の保湿にもおすすめです。
馬油をマッサージオイル代わりに肌に広げてリンパマッサージをすると、むくみや冷え性の改善に効果的です。マッサージと同時に保湿もできるので、乾燥対策もバッチリですよ。

大人ニキビ・ニキビ跡ケアにも

馬油には殺菌効果や抗炎症作用があるといわれているため、ニキビケアに効果的です。
とくに乾燥から皮脂の過剰分泌によって発生している、大人ニキビの予防改善に向いています。さらに、保湿効果と血行促進効果でターンオーバーを促進する効果が期待できるため、ニキビ跡の改善にも役立つでしょう。

アンチエイジングにはアルガンオイルも人気です。詳しくはこちらの記事をチェック!

 

馬油を使うときの注意点

馬油を使うときには、注意しておきたいポイントがあります。
次のポイントに気を付けましょう。

直射日光を避けて冷暗所で保管すること

馬油はたくさんの使い方ができる万能油ですが、天然の原料のため酸化しやすいのがデメリットです。高温多湿のところに置いておくと酸化を進めてしまうため、直射日光を避けて冷暗所に保管し、なるべく早く使い切りましょう。
とくに気温が高い夏場は、冷蔵庫に保存しておくと安心です。

使う前はパッチテストを忘れずに

馬油は赤ちゃんにも使えるほど肌に優しい特徴がありますが、すべての肌質に合うわけではありません。アレルギーを起こす可能性もあるので、使用前は必ずパッチテストを行い、自分の肌に合っているかをしっかり確かめましょう。

馬油のおすすめ人気ランキングTOP3

販売されている化粧品用馬油の中から、おすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。
どの商品にしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみましょう。

【3位】きた商会/ショウキリュウ 馬油(若馬の油)

きた商会/ショウキリュウ 馬油(若馬の油)

出典:https://www.amazon.co.jp/%E9%87%91%E7%9F%B3%E8%A1%9B%E6%9D%90-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6-%E9%A6%AC%E6%B2%B9-%E8%8B%A5%E9%A6%AC%E3%81%AE%E6%B2%B9-80ml/dp/B0048C935Y

【商品情報】

  • 希望小売価格:1,620円(税込)
  • 内容量:80ml
  • 製造国:日本
  • 原材料:馬油・トコフェロール(天然ビタミンE)

馬一頭からわずかしかとれない上質なたてがみの油を20%、首から背中までの油を80%使用して作られている未精製の馬油です。
防腐剤・殺菌剤を使用していないので、安心して使えます。

【2位】井藤漢方製薬/純馬油

井藤漢方製薬 純馬油

出典:https://www.itohkampo.co.jp/products/2318691.html

【商品情報】

  • 希望小売価格:2,160円(税込)
  • 内容量:70ml
  • 製造国:日本
  • 原材料:馬油100%

馬油100%で作られている井藤漢方製薬の「純馬油」は、香りも気にならずに、トロッとしたテクスチャーになっています。肌へのなじみが良く、使いやすいと人気の商品です。

【1位】薬師堂/ソンバーユ 無香料

薬師堂/ソンバーユ 無香料

出典:https://www.yakushido.com/catalog/

【商品情報】

  • 希望小売価格:2,160円(税込)
  • 内容量:75ml
  • 製造国:日本製
  • 原材料:馬油100%

馬油といえば「ソンバーユ」というほど人気の馬油ブランドです。
こちらの商品は定番のクリーム状タイプと、液状部分を精製して作られた液状タイプがあります。独自の技術で独特のニオイをシャットアウトしているので、顔に使用してもニオイが気になりません。
肌にもサッとなじむため、ベタつかず、夏にもおすすめできる商品です。

馬油をスキンケア・ボディケアに役立てよう!


馬油にはたくさんの効果があり、スキンケアやヘアケア、ボディケアなどたくさんの使い道があります。人の皮脂に似ているため肌なじみがよく、保湿力がありながらサラサラとした肌触りになるのが人気です。

まだ馬油を使ったことがないという人は、選び方や使うときの注意点、おすすめ人気ランキングも参考にして美容ケアに取り入れてみましょう!

  • 馬油は馬の脂肪でできた動物性の天然油のこと
  • 不飽和脂肪酸が豊富で、人の皮脂と似た性質を持っている
  • 含まれている成分には保湿効果や抗酸化効果などがある
  • 馬油は使いやすさや純度で選ぶのがポイント
  • ヘアケア・肌ケア・マッサージオイル代わりにおすすめの万能油
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nnir

nnir

ナナイロ編集部です

この人が書いた記事  記事一覧

  • ほけんの窓口って実際どうなの?口コミと評判から探ります!

  • プラセンタ美容液は美肌効果抜群!?おすすめの使い方や口コミを紹介

  • fuwari(フワリ)プラセンタサプリは効果なし?真実は口コミに

  • プラセンタサプリは更年期にも効果あり?知るべき怖い副作用も解説!

関連記事

  • 歯の黄ばみの主な5つの原因と、その落とし方を徹底解説!

  • 肌のくすみを消して透明感ある美肌へ! 肌くすみの5つの原因と解消法

  • 首筋美人で若見え! 首のシワの原因と効果的なスキンケア5選!

  • 【プラセンタに副作用はある?】サプリの効果や注意点について解説

  • アイライナー人気ランキング!おすすめの落ちないペンシル&リキッド

  • 柔らかすぎて垂れやすいおっぱい”水パイ”を改善!原因と対処法