1. TOP
  2. 健康
  3. 睡眠
  4. 不眠症の人におすすめ!即効熟睡できる快眠のツボ

不眠症の人におすすめ!即効熟睡できる快眠のツボ

 2017/07/14 睡眠 健康
  575 Views

寝つきが悪い、眠ったのに起きる、眠ったのに体が悪い…。

それって不眠症かもしれません(*_*)。

今や日本人の5人に1人が不眠で悩んでいるという統計もあるくらい、日本人に馴染み深い病気となってしまいました。

今回は、そんな不眠症を改善すべく、疲労を回復して、スーと眠りにもたらしてくれる快眠のツボを紹介します。

毎日寝る前に3分程度、このツボを押せば、久しぶりに熟睡感を味わえることまちがいナシです。(*^▽^*)

寝付けない、眠れない、それって不眠症かも

不眠症の症状と原因

2015年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、睡眠で十分に疲れがとれていないと答えた人の割合は20%となり、実に5人に1人が不眠で悩んでいるという結果が出ました。

年代別でみると、40代が32.5%と最も多く、次に30代の27.5%となっています。つまり、30~40代の3割近くが睡眠に満足していないということです。そういう私も不眠症をかかえていますが…( ゚Д゚)

不眠症には、一般的に以下の4つのタイプがあります。

不眠症4タイプ 不眠

また、不眠症になる原因として、以下の4つの要因が指摘されています。

・ストレス
・騒音、スマホやパソコンの光や騒音
・コーヒーや紅茶などのカフェイン、アルコール、薬
・頻尿、痛み、かゆみなどの病気

最近ではスマホやタブレットのブルーライトも睡眠をさまたげる原因となっています。

寝る前スマホは眠気を覚ますだけではなく、眼精疲労や肩コリの原因ともなります。

寝る前一時間前になったら、スマホを充電器において、寝室と離れた場所に置くなど、中毒化なりそうな“寝ながらスマホ”習慣をやめる必要もあります。
 

不眠症を甘くみてはいけない

睡眠することで、人は体を休息させ、成長ホルモンの促進、免疫機能の修復を行っております。

同時に、睡眠は脳を休ませ、睡眠中に脳内の老廃物を排出しています。

ですので、睡眠をとらないと、以下のような症状が現れます。

・ストレスがたまりっぱなし
うつ病、統合失調症のおそれ

・成長ホルモンが分泌されない
肥満、老化の加速、疲れやすくなる

・免疫機能が低下
風邪をひきやすくなる、病気に対しての抵抗力が弱くなる

・脳の老廃物がたまりっばなし
記録力、判断力の低下

この状況を放っておくと、下記の病気を引き起こすといわれています。

・心臓病、高血圧症、脳卒中、アルツハイマー、糖尿病、がん、うつ病 等

どれもコワイ病気ばかりですね(*_*)。しっかりと寝ることで、病気の予防にもつながるわけです。

しかし、この不眠症は慢性化して、体が慣れてしまい、自覚できていない場合もあります。

不眠症かどうか、実は体のある部分をさわることで、不眠状態がわかるんです!

その、ある部分とは、「第二の心臓」とも呼ばれる足裏

次は不眠レベルがわかる、足裏のチェック方法を紹介します。
 

足裏のチェック!足裏からわかる不眠レベル

足裏は約60にも及ぶ全身の反射区が集まっており、その反射区を刺激することで体の症状が分かるとされています。

足裏の反射区と体の臓器の関係は左右対称となっています

右目なら左足裏の反射区に、左目なら右足裏の反射区にでます。

下図の反射区の場所を押して痛く感じられたり、固いコリがあれば、それは反射区が示す体の臓器に何か病気が起こっているサインかもしれません。

不眠症に関わる反射区を4つ紹介します。

下図ので囲まれたツボを押してみて、痛いと感じられたら、不眠症である可能性が極めて高いです。
足ツボ 不眠レベル

レベル1 人差し指と中指&小指の付け根→眼精疲労・肩コリ

上の反射区図にある【1】の部分は、それぞれ目と肩の反射区を示しています。

こちらを親指で押してみてください。

こちらが痛かったり、硬い場合には、デスクワークやパソコンワークなど目をこく使する仕事をして、極度の眼精疲労や肩コリからの疲労がしっかりととれずに、不眠をまねいている可能性があります。
 

レベル2 かかとの真ん中あたり→ホルモンの乱れ、生理不順、更年期障害

かかとの真ん中あたりは、生殖器のツボです。

ここを押して痛い場合、生理不順や更年期障害などのホルモンの乱れから、睡眠に必要な温度調節にも支障を来し、眠れていないという場合もあります。
 

レベル3 土踏まず→ストレスによる胃酸過多、消化不良

土踏まずのあたりには胃腸などの消化器官のツボが集中しています。

ここを押して痛い場合、ストレスからくる胃酸過多や消化不良などが原因し、体の機能が低下している可能性があります。

快眠の宿敵はストレスです。

ここまでくると、不眠レベルは中の上となります。
 

レベル4 親指の先端→ストレス、イライラ

親指の先端は脳下垂体(のうかすいたい)のツボであり、ここが痛い場合には、重度のストレスで脳が疲労し、不眠になっている可能性があります。

ここまでくると不眠も重度レベル。

睡眠不足によって、脳内の老廃物もたまり、脳はヒートアップ状態です。

いつもイライラして、疲労感が残り、判断力や記憶力も低下しています。

疲れすぎて、逆に眠れなくなっているかもしれません。

そういった場合、仕事や家事の手をとめて、10分程度昼寝をしてください

少しは気分も一新できます。

昼寝の際の枕選びはこちら。
睡眠時の肩こりを解消する枕の正しい選び方!
 

効果的な3分のツボマッサージ

快眠をつかさどるツボは、頭周辺、手、足裏と三か所に集中しています。

各部位、3分程度もみほぐすことで、副交感神経を高め、眠りへと導いてくれます。

こちら全ての部位を試してもいいですが、一つだけでも十分に効果があります。
 

3分の足ツボマッサージ

以下の手順に従い、親指や手全体を使ってツボを押していきましょう。

ハーブの香りがするマッサージオイルやクリームを使ってもみほぐすと、よりマッサージ効果も高まります。

失眠(しつみん)

失眠(しつみん)のツボ位置 不眠

【場所】 かかとの真ん中
【効果】 その名の通り、不眠に効くツボ。
他に、うつ、生殖器系疾患、腎臓・ぼうこう疾患、下半身の冷え、足の疲れ・むくみにも効果があります。
【押し方】 もともと反応の鈍いかかとにあるツボなので、親指又はツボ押し棒などを使って、強く10回程度押します。
押しすぎないように注意。

 

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)のツボ位置 不眠

【場所】 足裏の中央よりやや上にあるへこんだくぼみ
【効果】 婦人科疾患、腎臓・ぼうこう疾患、更年期障害、呼吸器疾患、心臓疾患、足のむくみ、下半身の冷え
【押し方】 親指を使って3秒間隔で押したり緩めたりしながら、10回程度押します。

 

行間(こうかん)

行間(こうかん)のツボ位置 不眠

【場所】 足の甲の親指と人差し指の付け根の間
【効果】 更年期障害、月経障害、消化不良、頭痛
【押し方】 つま先をもつように手で多い、親指で3秒ずつ10回程度、押してゆるめてを繰り返します。
痛気持ちよい強さで押すようにします。

 

太衝(たいしょう)

太衝(たいしょう)のツボ位置 不眠

【場所】 親指と人差し指の骨が交わる部分
【効果】 頭痛、肩コリ、足の痛み、眼精疲労
【押し方】 二つの指の骨の間に入るように親指の腹で3秒ずつ10回程度、押してゆるめてを繰り返します。

3分ハンドマッサージ

手軽にできる手のツボのマッサージ。

忙しい時は、これだけでも十分に眠気をもたらしてくれます。
手のツボ 不眠

1.中衝(ちゅうしょう)

【場所】 人差し指側の中指のツメの付け根
【効果】 眠たい時に押すと眠気がとび、逆に眠たくない時に押すと眠たくなるツボ。
自律神経の安定、頭痛、四十肩
【押し方】 親指と人差し指で中指のツメをはさむようにし、親指で痛気持ちいい程度の強さで10秒程度押したり、ゆるめたりします。

 

2.小衝(しょうしょう)

【場所】 薬指側にあり、小指のツメの根元
【効果】 ストレス緩和、神経の沈静化、足のむくみ、神経性胃炎
【押し方】 親指と人差し指で小指のツメを挟み、10秒程度強めにもみほぐす。

 

3.心包区(しんほうく)

【場所】 手のひらの中心
【効果】 リラックス、疲労解消、自律神経失調症、頭痛
【押し方】 反対側の手で挟み込むように、親指で気持ち良い程度に3秒間隔で押したり緩めたりを片方10回程度繰り返す。

 

4.合谷(ごうこく)

【場所】 手の甲側にあり、人差し指と親指の骨が接合している場所
【効果】 眼精疲労、頭痛、肩コリ
【押し方】 痛気持ちいい程度の強さで3秒間押し、これを5回程度繰り返します。

 

3分のヘッド&フェイスマッサージ

眼精疲労、肩コリ、首のコリ、頭痛で眠れなくなっている人におすすめのヘッド&フェイスマッサージ。

スマホやパソコンの見過ぎなどによる眼精疲労、ストレスからくる頭痛、肩や首のコリを和らげ、心身をリラックスしてくれます。

布団の上で、癒しの音楽をかけながら、ゆっくりとツボを押してください。

指で押す際には息をはき、ゆるめる際には息を吸うようにすれば、リラックス効果もアップします。(*´ω`)

フェイスマッサージ 不眠

百会(ひゃくえ)

百会のツボ 不眠

【場所】 頭の頂上で、左右の耳の上の先端を結んだ線の中央
【効果】 自律神経失調症、抜け毛、肌荒れ
【押し方】 頭の頂上を、優しく中指で3秒ごとに押してゆるめてを5回ほど繰り返します。

 
天柱、風池のツボ 不眠

天柱(てんちゅう)

【場所】 首の後ろの髪の生え際、太い2本の筋の外側にあるくぼみ
【効果】 肩コリ、首のコリ、自律神経失調症
【押し方】 手のひらで頭を抱えるようにし、親指で気持ちのよい強さで、約3秒押し続け、その後3秒ゆるめる。
これを5回ほど繰り返します。

 

風池(ふうち)

【場所】 頭部の首の付け根、髪の生え際の大きくへこんだところ
【効果】 肩コリ、頭痛、眼精疲労
【押し方】 天柱から親指を少し耳側に動かし、へこんでいる部分が見つかったら、気持ちのよい強さで、3秒ごとに押してゆるめてを、5回繰り返します。

 

安眠

安眠のツボ 不眠

【場所】 耳の後ろにある下に向かって尖っている骨から、指1本分下がったところ
【効果】 その名の通り、安眠をもたらすツボ。
自律神経失調症、ストレス緩和
【押し方】 親指かでゆっくりと気持ちのよいところまで深く押していきます。
これを2~3回繰り返します。

 

太陽(たいよう)

太陽のツボ 不眠

【場所】 こめかみ
【効果】 「眼医者殺し」とも言われる眼精疲労に効果てきめんのツボ。
頭痛、顔面神経痛、偏頭痛など
【押し方】 親指でゆっくりと3秒ずつ押してゆるめてを5回繰り返します。
中指でやってもOK。

 

攅竹(さんちく)

攅竹のツボ 不眠

【場所】 眉頭の内側
【効果】 主に眼精疲労に効き、まぶたのむくみを抑え、ふたえになる嬉しい効果も。
【押し方】 親指で上に押し上げるように、ゆっくりと3秒ずつ押してゆるめてを5回繰り返します。
気持ちよい強さで押してください。

 

ツボを刺激する気持ちイイグッズ

疲れすぎてセルフマッサージができない時は、ツボをぼどよく刺激してくれるマッサージグッズを使ってみてはいかが?

下記のグッズはアマゾンや楽天などのネットモールで、割引価格で購入することができます。
 

足裏シートで不眠とともに足のぬくみも解決

樹の恵シリーズ 足リラシート メーカー:中村
樹の恵シリーズ 足リラシート

足の裏に貼ってねるだけで、じんわり足裏を温め、血行をよくしてくれる足裏樹液シート。

快眠を促してくれるラベンダー、心安らぐヨモギなど5種類あり、おすすめは足裏をじんわりと温めてくれる「唐辛子」。

発汗が促され、老廃物が排出されるので、翌日は疲れもスッキリです。
 

せんねん灸太陽 54点入

せんねん灸太陽

ツボは温めることでさらに反射効果もアップ。

今では火を使わないお灸も出ているので、仕事場や家事中でも、いつでもつけることができます。

足や首や肩まわりのツボに専用ですので、顔には使用できません。

こちらのお灸のかわりに、足ツボや首回りのツボに、電子レンジでチンした蒸しタオルを当てたり、カイロや湯たんぽを当ててもマッサージ効果が高まります。

 

円皮鍼(えんぴしん) セイリン Zero

ツボに効く方法といえば、お灸と並んで一般的なのが鍼。

しかし、鍼は自分で打つことができませんが、円皮鍼(えんぴしん)なら自分でも手軽に使うことができる置き鍼です。

丸い粘着テープに6mmほどの鍼がついた円皮鍼ですが、2~3日間貼りつづけることができます。

但し、鍼である以上、何か異常が出た時ははがさなければなりません。

その点、円皮鍼と同じ効果が得られ、鍼のないこちらの「セイリン zero」は、鍼初心者でも安心して使えます。
 

官足棒 ウインターベル

官足棒 ウインターベル

元祖ツボ押しの道具。

細くなった先端で、いつもは届きづらい反射区に深く差し込める設計となっており、確実にツボをねらえます。
 

カイロ・ボール テクノトレード

カイロ・ボール

こった筋肉を360度回転するローラーでもみほぐせるカイロボール。

冷蔵庫に入れて冷却したり、熱湯に入れて温めても使えます。

床にこのボールを置いて、足の裏で踏みながら回せば、全体のツボをまんべんなくもみほぐせます。
 

まとめ

不眠症を解消すべく、今回は快眠できるツボについて説明してきました。

人間のツボは約360~370個程度あると言われています。

また人間には14の経路が通っており、これらはツボとつながっています。

東洋医学の考え方では、この14の経路に「気」や「血」が流れており、滞ってしまうとツボが硬くなったり、痛くなったりして、さまざまな不調が現れてきます。

この記事で紹介したツボをもみほぐすことで、不眠だけではなく、体全体の流れを正常にし、心身共に健康になります。

良い眠りには、もちろん三度の食事と適度な運動、規則正しい生活リズムも大切です。

就寝一時間前までには、眠りを妨げるスマホをやめる、朝は定時に起きてしっかり朝の光を浴びるなど、生活習慣も見直していきつつ、今回の快眠ツボで心をリラックスさせれば、自然と眠りもやってきて、久しぶりの熟睡感を実感できることでしょう。


こちらの記事も読まれています!

  1. 腰痛の原因は骨盤だった!?骨盤チェックとストレッチでつらい腰痛とオサラバ!
     
  2. これさえあれば、ぐっすり!睡眠の質を高める睡眠計測アプリ5選
     
  3. ちょっとの工夫でイヤな部屋干しのニオイを完全撃退!
     
  4. ダイエット効果バツグン!基礎代謝を上げ脂肪をグングン減らす4つの方法
     
  5. 素肌年齢が若返る!たるみ毛穴に効果的な6つの方法
     
  6. 不眠症が劇的に改善!日常生活で続けるべき7つの習慣
     


\ SNSでシェアしよう! /

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナナイロ|ちょっぴりミーハーなオトナ女子の美容・健康イロイロ情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nnir

nnir

ナナイロ編集部です


この人が書いた記事  記事一覧

  • 睡眠時の肩こりを解消する枕の正しい選び方!

  • 不眠症の人におすすめ!即効熟睡できる快眠のツボ

  • 不眠症が劇的に改善!日常生活で続けるべき7つの習慣

  • これさえあれば、ぐっすり!睡眠の質を高める睡眠計測アプリ5選

関連記事

  • これさえあれば、ぐっすり!睡眠の質を高める睡眠計測アプリ5選

  • アレルギーのクラスとは?アレルギー検査結果の見方を完全ガイド

  • 不眠症が劇的に改善!日常生活で続けるべき7つの習慣

  • 喉(のど)のイガイガは風邪?アレルギー?ツライ症状の原因から対策・予防まで徹底解説

  • 腰痛の原因は骨盤だった!?骨盤チェックとストレッチでつらい腰痛とオサラバ!

  • 睡眠時の肩こりを解消する枕の正しい選び方!